しんちゃん通信

scheerhorn.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 25日

『アリとイサトの60祭 鼓土里座公演』 その 2

c0057390_2215178.jpg

リハーサル風景からの写!写!写!でございます。
本番の写真は残念ながらございません・・・
このひとときをご一緒させていただけただけで幸せでした!
あらためまして
「イサトさん!アリさん!還暦おめでとうございました!!」




c0057390_22163573.jpg


c0057390_22164852.jpg


c0057390_2217285.jpg


c0057390_22181138.jpg
還暦用にホーナーが特注でアリさんのために作った真っ赤なドデカハーモニカと
折り返し点用の真っ赤なコーンでございます。

c0057390_22183427.jpg
コーンをつまめばそこにはハーモニカが!

c0057390_22185168.jpg
オープニングは「Come go with me to the land」でキックオフ
いきなりこのドデカハーモニカが登場でありました。

c0057390_22191444.jpg
このギターはマーチンのイサトさんのシグネチャーモデルで
トップの写真をよく見ていただくと
「1310」と刻まれたインレイがネックに!!

ノーフラッシュで手ぶれ補正なしですので
これが限界ではございますが雰囲気だけでもお楽しみくださいませ。

by Scheerhorn | 2007-06-25 22:39 | シーン・風景 | Comments(6)
Commented by エンドウマメ at 2007-06-25 23:18 x
ノーフラッシュだと、凄い臨場感がありますね。 多少のブレがある方が
めちゃ緊迫感とインパクトがあります。 いろんな角度から写されて凄い!
Commented by きょうちゃん at 2007-06-26 09:59 x
素敵な一日だったのですね。
いまさらなんですが、鼓土里座というのはどこにあるのでしょうか?
西海さんは、馬場俊英さんともセッションされるみたいで、今週30日岡山の小さなライブハウスで馬場さんのライブがあるのですが、西海さんが、いらっしゃれば良いなあと思います。
Commented by 紅ちゃん at 2007-06-26 12:43 x
ノーフラッシュはやはり大変ですね、
手ぶれ補正がついていても被写体ぶれもあるので
ぼくのもぼけぼけが多かったです。
shinさんこれだけ撮れれば凄いですよ。
Commented by tagu at 2007-06-26 18:05 x
今日はドアップ特集ですね
イサト師匠のギターソロ
痺れました~
Commented by 大棟梁 at 2007-06-26 21:07 x
あのライブのメンバーを観ていると、
俺たちはものすごい方たちと遊んでいるんだなあと思い、
鳥肌がたちました。
Commented by kazu at 2007-06-26 22:00 x
shinさんの出演姿もかっこよかったですよ~
どこかのブログに出で来るかもね?
ちなみに私もノーフラッシュ手振れ補正無しでした
shinさん、ばっちり撮れてますよ。 


<< 『アリとイサトの60祭 鼓土里...      『アリとイサトの60祭 鼓土里... >>