しんちゃん通信

scheerhorn.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 08日

六道まいり

c0057390_22453059.jpg


今日は仕事終わってから嫁さんと六道さんにお参りに行って来ました。。。

※ 京都では、8月の13日から始まり16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には
  各家に於て先祖の霊を祀る報恩供養が行われますが
  その前の8月7日から10日までの4日間に精霊(御魂 みたま)を迎えるために当寺に参詣する風習があります。
  これは、平安時代においてこの辺りが、墓所の鳥辺山の麓で、俗に六道の辻と呼ばれた京の東の葬送の地であったこと
  それはまさに生死の界(冥界への入口)であり、お盆には、冥土から帰ってくる精霊たちは
  必ずここを通るものと信じられた事に由来しています
  これを「六道まいり」あるいは「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも言います・・・とのことです。。。

水塔婆に先祖さんの戒名を書いてもらい迎え鐘をついて
水塔婆をお線香で浄めて地蔵尊宝前にて水塔婆を高野槙で水回向を行ない納めてきました。。。






c0057390_22451234.jpg


c0057390_22451863.jpg


c0057390_22452401.jpg


c0057390_22453606.jpg


c0057390_22454173.jpg


by Scheerhorn | 2019-08-08 22:59 | シーン・風景 | Comments(3)
Commented by ichiichik at 2019-08-09 16:31
六道参りなんて伝統が残っていてさすが京都ですねー
こういう伝統的な行事が続いて行ってもらいたいと思います
Commented by tagu at 2019-08-09 17:36 x
毎日,なんやかんやあって京都の夜は
楽しいですね。
Commented by 大棟梁 at 2019-08-10 20:34 x
夜店を見て歩くのは楽しいですね。
かき氷食べたい〜


<< 岩魚&鮎~~~      ねばねば丼~~~ >>