しんちゃん通信

scheerhorn.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 20日

針穴写真機

c0057390_23105363.jpg

「いまいち通信」でtaguさんが写真をアップされていた
ピンホールカメラでございます。
これは後ろから撮った写真ですが
四角い木の箱で真ん中にちっちゃ~い穴が空いていて
そこを手で開けて閉じるという写真機の原点とでもいいましょうか
ぼくはあまり詳しくないのですがそういうカメラでございます。







c0057390_23111732.jpg
これが前から見た針穴写真機です。


c0057390_23112338.jpg
露出計で計って何秒開くかを決めるそうです。


c0057390_23114271.jpg
このときは8秒でした。
ということでモデルさんは8秒間
瞬きもせずじ~~~っといていなければなりません。


c0057390_23114856.jpg
じっとしきれなかった大棟梁さまでございました。


おまけ
c0057390_2312066.jpg
写!を写!する大棟梁さまでございます。

taguさんは深~~~いカメラの世界に
どっぷりと気持ちよく浸かられておられておられますぅ~~~

by Scheerhorn | 2009-04-20 23:23 | MONO | Comments(7)
Commented by ろひきあらむき at 2009-04-20 23:56 x
エドワードレビンソンという写真家のピンホールカメラで撮影した作品を観たことがあります。
千葉県鴨川市の田園風景を収めたそれは、すごく味わいのある写真だった記憶があります。
Commented by ichiichik at 2009-04-21 17:44
江戸時代末期に日本に写真機が入ってきた頃は
フィルムの性能が悪かったので
レンズを通した光でも何分か露光をしていました
動かないようにするために背中を支える棒もありました。
写真の原点を見るようで面白いです
Commented by tagu at 2009-04-21 17:53 x
自作の木製ピンホールカメラに挑戦しよと思っています
病気が益々進行しています
Commented by エンドウマメ at 2009-04-21 19:09 x
そうか・・・フィルムを入れて、普通に撮る事が出来る素晴らしい
ピンホールカメラなんですね。 マメが作っていたのは、印画紙を
中に入れて写すタイプだったので・・・1枚しか写せませんでした。
Commented by 大棟梁 at 2009-04-21 19:42 x
あら、恥ずかしい。
なんか面白くて、じっとできませんでした。がっくり。
Commented by bubu at 2009-04-21 20:17 x
なんだか、M様お説教されてるみたいに見えますね。(笑)
Commented by 紅ちゃん at 2009-04-21 23:05 x
これはカメラには見えませんが
たしかに写るんですね~
これこそ「写るんです!」というネーミングがぴったり
じゃないですかね~。


<< 八重桜      ピースジャンボリー >>