2016年 05月 19日

矢車草

c0057390_0263467.jpg

今日、仕事場の近くにある駐車場のとなりの畑の片隅で矢車草を発見!
思わず写!してから仕事場に向いました。。。とさ♪


  あこがれはいつも 遠い水平線
  海と空とが交わるところ
  あの向こうには 何があるだろう  
  まどろんでみた 夢の数々 

REF  海の見える 丘に咲いた 
     風が光るよ 青い矢車草 
     めぐりめぐる 季節の中で 
     今年も咲いたよ 青い矢車草
 
  海の青さより まだ青い  
  哀しさを色で 染めたような
  光りと影に 心さわいだ
  帰ってこない 夏の花だね
 
REF

  白く輝く 雲は立ち上がり
  今でも心が おどるのに
  何事もなく 時は流れて 
  あの日のままの ぼくはここにいる

REF
    

大好きな歌です♪









c0057390_0264543.jpg


c0057390_0265044.jpg


by Scheerhorn | 2016-05-19 23:59 | 草木花たち | Comments(7)
Commented by 大棟梁 at 2016-05-20 16:35 x
哀しさを色で染めたような・・・
なかなかこういう歌詞が書けません。
歌で花を覚えられる感じです。
Commented by ichiichik at 2016-05-20 16:54
最近あちこちで矢車草を見かけます
舗装道路のわきの所などでも咲いていて
生命力の強い花だと思いますが
我が家で植えた矢車草はいつの間にか消えて無くなりました
Commented by 谷間の村の住人 at 2016-05-20 17:38 x
我が家の前のプランターでも、半野生化した1本が
たくさん花をつけ、後から撒いたのも伸びてきました。

青い花が夏から秋に、たくさん咲いてくれそうです。
Commented by tagu at 2016-05-20 17:49 x
こんな素晴らしい詩を書いていたんですね
才能が一番輝いていた頃の詩だと思います。

Commented by 江雄 at 2016-05-20 18:43 x
笠木さんの詩のすばらしさを余すとこなく引き出しているのが、田口さんの曲だと思います。叙情的なメロディーとテンポ良いリズムにのって、海辺の青い矢車草のイメージが浮かび上がってきます。「海の青さより まだ青い 哀しさを色で 染めたような」の箇所が特に好きです。
「今もなお 詩作し歌う 天上で」
Commented by akatensan at 2016-05-21 09:26
笠木さんと田口さんが出逢わなかったら
この名曲はなかったと思うと
人の出会いの不思議さを感じます。
Commented by エンドウマメ at 2016-05-21 19:52 x
矢車草を見つけると、ついつい口ずさんでしまいますよね。
カラフルで可憐で、素敵な花。 それにしても、暑いですね。


<< 御霊さんのお祭り      きぬかつぎ >>