2016年 05月 17日

きぬかつぎ

c0057390_0334242.jpg

きぬかつぎ(衣被)とは
里芋の子芋の根を落とし皮付きのまま蒸すか茹でて
塩をつけて食べる料理のことだそうで
嫁はちっちゃいころによく食べたと言ってますが
ぼくは初めて聞く名前でした。。。
皮がトゥルンと抜けてとっても美味しかったです!

by Scheerhorn | 2016-05-17 23:59 | 美味かったぁ~! | Comments(6)
Commented by Y at 2016-05-18 08:41 x
SHIN さま

小芋さん 蒸かして塩つけ 衣被ぃ~

初めて観ました。
美味しそうです!

衣被 妻にラインで「これ頼む」
Commented at 2016-05-18 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ichiichik at 2016-05-18 16:22
これがうまいんですよねー
つるんと皮がむけて中が柔らかくて
食べたくなって来ました
Commented by 江雄 at 2016-05-18 17:21 x
きぬかつぎという優雅な名が付いているのですね。里芋の赤ちゃんでしょうか。つるんとむけて、とてもかわいいですね。
「きぬかつぎ きぬを脱がされ 口のなか」
Commented by 大棟梁 at 2016-05-18 21:48 x
きぬかつぎ、初めて聞く名前です。
日本酒でもビールでもいけそうですね。
Commented by akatensan at 2016-05-19 11:56
こちらでは「子芋」といいます。
つぅるんと剥けてこれがまた美味しいんですよね!


<< 矢車草      みんな元気! >>