しんちゃん通信

scheerhorn.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 11日

希望と現実

c0057390_23561360.jpg

何気ない一枚の写真ですが
3.11から二年が経ち
どうしても納得がいかない思いでいっぱいです。
希望 ↑ と現実 ↓
まさに今のこの国を表しているように見えてしまうのです・・・

昨日のoishiさんからいただいたコメントの中の
「私たちは微力だけど無力ではない」
この言葉をあらためて肝に銘じたいと思います。

by Scheerhorn | 2013-03-11 23:59 | シーン・風景 | Comments(6)
Commented by ichiichik at 2013-03-12 18:31
希望を無くしてはいけないと思いますが
伝わってくる現実は厳しいものがあります
Commented by エンドウマメ at 2013-03-12 20:07 x
継続して行く事が、大切です。 ボクに出来る事を、少しでも
続ける事が出来たらと思ってます。 塵も積もれば、山となる。
Commented by tagu at 2013-03-12 21:45 x
現実の厳しさを見つめると
希望はなかなか見えないですね
でも頑張りましょう。
Commented by oishi at 2013-03-12 22:51 x
仕事関係の集会で出会った高校生たち…
彼らの言葉に少し希望が見えた気がしました。
Commented by toshi at 2013-03-12 22:54 x
昔といっても、80年代後半、国鉄が民営化され労組などに攻撃もかか
り、国民生活にもかなり影響が及んだ時に、恵那の教師たちの言葉の中で「ゆっくり、急ごう」という言葉で運動を大きくしていこうという気持ち
を表したことがありました。
Commented by 紅ちゃん at 2013-03-12 23:01 x
希望と現実とは大きな隔たりがありますが
焦らず腐らず明るく行きたいと思ってます。
oishiさんの言葉、いい言葉ですね!



<< ちょっと張りこんで      どこへ往くのでしょう >>